【ブレーカーが落ちた】一人暮らしで最適なアンペアは●●A

30秒で引越しの見積もりが出せる

引越し料金が最大55%OFF

もちろん無料で利用できる

スポンサードリンク

チャオ!ロンです!(・ω・´)

 

一人暮らしで意外とよくあるトラブルが

ブレーカーが落ちること

 

でも僕って生活してて

ブレーカーが落ちたことがないんです

 

 

なんでこんなにブレーカーが落ちる家と

落ちない家の違いがあるのでしょうか?

 

実はこれ電力会社との契約が

原因だったりするのです…!

スポンサードリンク

ブレーカーが落ちる原因

ブレーカーが落ちる原因はさまざまですが

一般的にブレーカーが落ちるのは

契約以上の電力を一気に消費した場合に落ちます

 

契約の電力というのは

アンペア(A)という単位で測られます

 

この電力会社と契約している

アンペア以上の

電力を一気に使ってしまうと

ブレーカーが強制的に落ちて

電力の供給を止めるという仕組みになっています

 

 

 

一人暮らしに最適なアンペア

では一人暮らしの場合の

最適なアンペアって

いくらなんでしょうか?

 

まずは以下の資料を見てみて下さい

 

SnapCrab_NoName_2016-4-7_21-3-0_No-00 SnapCrab_NoName_2016-4-7_21-2-30_No-00

これは東京電力が提供している

家電ごとの消費電力の違いになります

 

大きなポイントとしては

IHは非常に電力を消費します

 

つまりIHにするかどうかで

契約すべきアンペアが変わってくるということです

 

個人的な意見で言えば

IHやオール電化でないなら

30A以上あれば一人暮らしの生活で

困ることはまずないかと思います

 

またIHを使用する場合や

オール電化の場合は

50A以上の契約にした方が無難でしょう

 

これに関しては電力会社に直接相談すると

あなたにあわせたおすすめのプランを

コンサルティングしてもらえます

 

契約を見直すのであれば

ぜひ活用することをおすすめします

 

 

アンペアの違いによる基本料の違い

もちろん契約電力が違えば

基本料金も変わってきます

 

ちなみに東京電力の場合

契約電力は10A~選ぶことができます

 

このアンペア違いによって生じる料金の違いは

基本料金だけです

 

基本料金の違いも10Aごとに

だいたい月々150~300円程度の違いです

 

ざっくりとして例でいくと

10Aでいい人が60Aで契約していると

年間2万円弱損をするということになります

 

ただ個人的な意見にはなりますが

契約を見直したところでかかる料金は

年間1万円も差がでないことがほとんどです

 

なのでブレーカーが落ちる場合には

消費電力を上げる契約に変えた方がいいですが

節約するために消費電力を下げる契約を

結びなおすのはあまり節約効果もなく

工事代金や手間のことまで考えると

おすすめではありません

 

 

アンペアの変更方法

自分が契約している電力会社に電話して

直接依頼することになります

 

またこれは通常1年契約になるので

ころころ変えることはできません

 

またマンションなどの場合は

管理会社に許可などをとる必要もあります

 

とりあえず変えたいけどどうしたら

わからない人は電力会社のカスタマーセンターに

電話をして直接相談することがベストです

 

 

契約なんてしたことないけど…

ここまで読んで

「あれ?そんな契約したことないけど?」

なんて思っている人はおられませんか?

 

そしてあなたは関西に住んでいないでしょうか

 

それもそのはず関西電力はアンペアでの

契約ではなく基本的にざっくりと

家のサイズに合わせて

30Aや60Aなどの契約に最初からなっています

 

僕も関西に住んでいるのでそうでした

 

ただ関西電力でも

契約の見直しなどは可能なので

興味がある方はぜひ関西電力に

問い合わせてみて下さい

 

 

まとめ

今回の話をまとめると…

 

●IHやオール電化なら50A以上

●それ以外なら30Aがおすすめ

●あまりに大きいとかじゃないなら下げない方が無難

●迷ったら電力会社に相談

 

といった感じでしょうか??

 

ブレーカーが落ちて困る!!

という人は一度電力会社に相談して

電力契約見直されてみてはいかがでしょうか??



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です