一人暮らし起きれるか不安…|3人に2人が絶対起きれる方法知ってる?

30秒で引越しの見積もりが出せる

引越し料金が最大55%OFF

もちろん無料で利用できる

スポンサードリンク

ども!夜早く寝ても起きる時間は一緒のほう、

ロンです!(・ω・´)

 

一人暮らしを始める人や、

もうしている人で共通の不安のひとつに

 

 

誰も起こしてくれないから

一人で時間通りに起きれるか、

遅刻しないか不安だ!

 

 

なんてのはありませんか??

 

 

僕はめっちゃ不安でした!

 

 

また遅刻しないために早起きの習慣を作りたいのですが、

なかなか起きるのが難しい…

 

 

そこで今日は起きたい時間に起きる方法とそれを習慣にする方法をお伝えしたいと思います。

 

 

でも

 

 

「めっちゃ難しいんじゃないの??」

 

 

とお思いの方、ご安心ください。

 

 

超簡単です。

 

 

僕もこの究極の起床方法を知ってから

驚くくらい起きる時間をコントロールできるようになりました。

 

簡単なのに効果は絶大!

 

その方法とは?!

スポンサードリンク

起きたい時間に起きる方法

起きたい時間に起きる方法、それは…

 

 

念じる

 

 

です。

 

 

はい、一気にオカルトになったと思っている人、

 

 

これすごいんですよ!

 

 

だいたい3人中2人くらいはこれができるそうです。

 

みなさんこんな経験はありませんか??

 

 

明日早く起きないといけないから

起床時間をいつもより早く目覚ましで設定したら、

目覚ましがなる前に目が覚めてしまった…

 

 

 

 

僕はあります。

 

 

これと同じ原理なのですが、

人間は体内時計が存在しており、

 

 

朝●時に起きるんだ!!

 

 

と念じることで、

身体が勝手にその時間に起こしてくれるという機能を備えてるそうなのです。

 

だいたいそれが3人中2人くらいとのこと。

 

なので例えば朝6時に起きないといけないなら

 

「朝6時に起きないといけないなー」

 

と口にしてみたり、

 

時計を見ながら

 

(6時、6時、6時…)

 

と繰り返し自分に教え込んでみましょう。

 

 

念じるだけなら誰にでもできることなので、

ぜひダメ元でも試してみてはいかがでしょうか??

 

 

早起きを習慣にする方法

そして朝起きることができてきたら

次は早起きを習慣にする方法です。

 

これはかの有名なナポレオンがしていた方法だそうなんですが、

めっちゃ簡単。

 

 

起きる時間を固定する

 

 

これだけです。

 

 

どうやら人間は体内時計に設定された目覚まし時計で起きる性質があるそうで、

 

毎日朝7時に起きる習慣の人は

夜8時に寝ても、夜中の2時に寝ても

だいたい7時に目が覚めるということが多いみたいです。

 

僕もこのタイプなのか、

急激に睡魔が襲って

いつもより4時間以上早く寝たはずなのに

次の日の朝いつもの時間までぐっすり、

なんてことがたびたびあります。

(そして損をした気分に…)

 

 

逆にこれを活用して、

最初はめっちゃ早い時間に寝て早めに起きるよう念じて、

習慣ずいてきたら徐々に眠る時間を遅らせて、

睡眠をコントロールするとより効率よく眠ることができるようになります。

 

 

具体的な例を出すと、

最初は夜8時くらいに寝て朝6時に起きて

徐々に夜9時、10時、11時と寝る時間を遅くしていって

 

毎日12時に寝て6時におきる6時間睡眠でも、

元気いっぱいに起きれる身体作りをする

 

といった感じですね!

 

 

 

以上、一人暮らしで起きれない人に送る、起床法いかがだったでしょうか??

 

これは何も早起きだけでなく、

睡眠の充実がはかれるので

朝起きれない人や、辛い人に

ストレスをかけずに起きれるいう効果もありますし、

ストレスがかからないということは、

直接健康にも効果的です。

 

特に準備が必要なことでもないので、

ぜひダメ元で試してみて下さいね!



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です