【恐怖】本当にあったウォールステッカーのはがし方と失敗談

30秒で引越しの見積もりが出せる

引越し料金が最大55%OFF

もちろん無料で利用できる

スポンサードリンク

チャオ、ロンです(・ω・´)

 

 

以前一人暮らしのインテリアに

ウォールステッカーがおすすめだよ

って言ったことあるのですが

 

もちろん賃貸の壁に

ペタペタとウォールステッカーを

貼るわけですから

引っ越しの際はそのウォールステッカーは

はがさないといけません

 

その時にウォールステッカーのはがし方を

ミスると思わぬ退去費用を支払わされる

恐れがあるのでぜひウォールステッカーを

はがそうと思ってる方はご参考にして下さい

スポンサードリンク

ウォールステッカーをはがす準備

ウォールステッカーを

はがすのにあった方がいいものが

ドライヤーです

 

あと絶対必要なのは慎重さ心の余裕でしょうか

 

これらの準備ができたらさっそくはがしていきましょう

 

ウォールステッカーのはがし方

小さいスタート地点を作る

1枚1枚ウォールステッカーを

はがしていくのですが

まずははがすスタート地点を作りましょう

 

壁紙は削らないようにウォールステッカーを

爪で1ミリほどめくります

 

めくりにくい場合は他のめくりやすそうな

ところを探すといいでしょう

 

粘着部分を乾燥させながらはがす

ここからはドライヤーの登場です

 

ドライヤーの温風で

めくれた部分に風を当てながら

ゆっくりゆっくりめくっていきましょう

 

そうすることで粘着部分が取れていき

かなりはがしやくすなります

 

あとはこの作業をひたすら繰り返すだけ

 

僕がやらかした失敗談

最初はいいのですが

なれてくると多くの人は仕事が雑になります

 

「ぎくっ」と思った人は気を付けて下さい、笑

 

ウォールステッカーは気を抜くと

壁紙をがりっともっていくことがあります

 

どういうことかと言うと

壁紙をよく見ると

壁紙と壁紙の間には

非常にわかりにくいですが

つなぎ目の部分があります

 

ここにウォールステッカー粘着が

ついたままいきよいよくはがすと

壁紙ごと引っ張られてはがれていきます

 

そうそれは気持ちいいほどビリビリと

 

壁紙のつなぎ目の部分は

非常にはがれやすくなっているので

もしウォールステッカーと一緒に

壁紙がめくれそうになったら

違うところからウォールステッカーを

めくりなおすといいでしょう

 

壁紙をびりっとしてしまったら

もし壁紙をあやまって

僕のようにびりっとしてしまったら

ひとまず落ち着いて

それ以上被害が広がらないように

丁寧にウォールステッカーをひとまずはがしましょう

 

その後ホームセンターなんかに売ってる

壁紙用のノリを買ってきて

丁寧に壁紙を貼りなおせば

かるく模様のある壁紙なら綺麗に

直すことも可能です

(僕はこれで助かりました)

 

それで修復不可能な場合は

素直に転居の際に壁紙を張り替えるしか

ないかもしれませんね…

(と言っても1枚分の張り替えなら

そこまで高額請求されることはないでしょう)

 

まとめ

とまあ僕の実体験を元に

非常に嫌な汗をかいた失敗談をお送りしました

 

ぜひあなたは同じような失敗をして

僕と同じ気持ちを味わわないようにしてくださいね、笑

 

大丈夫って思ってる人も

なれてるときこそ危ないとぜひ肝に銘じてあげて下さい

 

 

退去費用が気になる人におすすめなのはこちらの記事

⇒退去費用40万円?!高額請求を防ぐための最強対策法は●●すること

 

インテリアと言えばソファ、迷ってるならこちらの選び方をどうぞ

⇒一人暮らしのソファー選び|シチュエーション別のおすすめな選び方



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です