【一人暮らし/家電の選び方】マイコン?IH?究極の炊飯器の選び方

30秒で引越しの見積もりが出せる

引越し料金が最大55%OFF

もちろん無料で利用できる

スポンサードリンク

どーも!ロンです!(・ω・´)

 

一人暮らしの人のための家電の選び方、

今回は「炊飯器」についてお話したいと思います!

 

先日もお話した通り、自炊する人でもしない人でも

お米だけは絶対に炊いた方がお得です。

⇒一人暮らし必見!自炊しない人は●●するだけで毎月食費が7,300円節約!

 

しかしどうせ炊くなら美味しいご飯を食べれる方がもちろんいいですよね!

 

そこで今日はあなたの好みにあわせた炊飯器の選び方をお伝えします。

スポンサードリンク

炊飯器の選び方のポイントは??

さて、さっそくですが一人暮らしの炊飯器の選び方のポイントは

 

  • 容量
  • 加熱方式

 

の2つだけです。

特に加熱方式については好みによって選び方が分かれるところです!

 

 

容量はどれくらいがいいの??

容量のおすすめは5.5合以上をおすすめします。

理由としては…

一番生産されているサイズのためコスパがよい

5.5~6合だとだいたい4~5人を想定しているため

一番生産量が多い炊飯器のサイズです。

 

そのためサイズに対しての

値段の平均が安めでコスパが大変よいです。

 

 

一度に多く炊いて冷凍した方が節約になる

一人用の小さいサイズの炊飯器ももちろんあるのですが、

小さくこまめにご飯を炊くよりも一気に大量に炊いて

冷凍保存した方が結果としてコスパはかなりよく節約になります。

 

 

すきまが生み出す美味しさ

ギュウギュウにつめて炊いたご飯より、蒸らすすきまがあった方が

炊きあがりは美味しく仕上がるそうです。

 

そのため5.5合以上を買って4合くらいを炊くと

ちょうどいいバランスでご飯を炊くことができます。

 

 

加熱方式はどれがおすすめ??

加熱方式は大きくわけると4つの方式があります。

 

マイコン方式

底からヒーターで温めてご飯を炊く方式

最大の長所は安いこと

ただしじっくりと底から温めるため

ご飯の炊きあがりに多少のむらが生じます。

まあでも普通に食べてたら気にならないレベル

 

ガス炊飯方式

ガスで炊く方式

最大の長所は火力が強く

かまど炊きに近いとも言われている

なので一番美味しくご飯を炊ける方法

ただしガスの配線が必要だったり、

機材が大きかったり難点が多い…

 

IH炊飯方式

内釜そのものを電磁力であたためる方式、現在の主流。

最大の長所はむらなく炊けること

個人的にはいちばんおすすめの方式。

圧力式と比べるとしゃきっとした固めのご飯が炊けます。

 

圧力IH炊飯方式

IH方式で、蒸気を逃がさず圧力をかける方式、現在のトレンド

最大の長所はむらなくもっちり炊けること

お米の芯までしっかりと炊き上げて

もっちりとした日本米独特の仕上がりに最適

 

 

結局どれがいい??

個人的に一人暮らしの炊飯器としては

容量は5.5合のIH方式がおすすめです。

 

容量については上記の通り一人暮らしに最適なサイズであるのと、

やっぱりコスパが一番すぐれていて節約できるところが理由ですね!

 

IH炊飯器がおすすめの理由は完全に好みの問題です。

と言うのも個人的にご飯は固めの方がおかずにあうので好きというだけです、笑

 

最近のトレンドで考えると圧力IH炊飯器の方が人気のようです!

 

たしかにもっちりしている方がおにぎりなどのお米本来の味を楽しむ分にはいいですよね!

 

 

固いご飯が好きな人への豆知識

エコモードなどの電力を抑えたモードで炊飯すると

普通に炊くよりもご飯を固めに炊くことができます。

 

固めが好きな人やおかずをメインで楽しみたい人は

おすすめなのでぜひやってみて下さいね!



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です