退去費用40万円?!高額請求を防ぐための最強対策法は●●すること

30秒で引越しの見積もりが出せる

引越し料金が最大55%OFF

もちろん無料で利用できる

スポンサードリンク

チャオ!ロンです!(・ω・´)

 

もうすぐ引っ越しを控えてる人も

この記事を読まれている方の中にもいるかもしれませんね。

 

そして一人暮らしの引っ越しの際に気になるのが

 

退去費用!

 

退去時に高額な金額がくるんじゃないかと不安になりませんか??

 

 

以前の記事

⇒他人事ではない?●●する人は思わぬ退去費用を請求される可能性が…

でお伝えしましたが…

 

特に部屋でたばこを吸う人は高額な退去費用を請求されることがあります。

 

しかも、ぼったくりではなく正当な理由になるケースがあるので、

高額であっても支払わなければならなくなってしまいます。

 

「僕たばこ吸わないんで大丈夫です!」

 

と思ってるあなた!

なにもたばこだけじゃないですよ!

 

退去時の部屋の状態によっては、

高額退去費用が請求される場合だってあるんですよ!

スポンサードリンク

退去費用を高額請求される場合って??

これまた以前の記事

⇒【驚愕の金額】一人暮らしの退去費用、払わないといけないの?

でお伝えした通り、

契約書にハウスクリーニング代を負担すると書いてあったり、

僕たち借り手の過失で、

部屋を壊してしまった場合は負担する義務がでてきます。

 

要するに

 

あなたじゃない人が住んでたら

ここまでひどい状態じゃなかっただろう

 

ということにお金が発生するわけです。

 

 

どうすれば退去費用が安くなる??

結局のところ退去費用にかかるお金ってのは

“原状回復費用” です。

 

つまり、通常の状態に戻してねってことです。

 

では通常の状態ってどうやって確認するんでしょうか??

 

そう、一緒に立ち会いのもと、

実際に見て(ときおり嗅いで)確認します。

 

じゃあどうすれば退去費用が安くなるか??

 

綺麗にしてやればいいんです!

 

 

とりあえず掃除しよう

部屋の状態の確認は、

荷物などを全部一人暮らしの部屋から出したあと

鍵の返却の際に一緒にみることが一般的です。

 

先ほどお伝えした通り実際に見て判断するので、

汚いより綺麗な方が心証がすこぶるよいです。

 

というより判断基準はほぼ見た目です。

 

では個別にポイントを見ていきましょう。

壁・床・天井のポイント

NG

  • 汚れや落書きはありませんか?
  • ヤニ汚れはありませんか??
  • 目立つような大きな傷はありませんか?

 

ほっといてOK

  • 日焼けなどの自然な劣化はおいといてOK
  • 薄い冷蔵庫焼けもOK
  • 小さな画鋲穴はOK

 

水まわり(台所・風呂場・トイレ等)

NG

  • カビ、水あかはしっかり落としましょう!

 

全体的なこと

NG

  • 部屋の臭い、特にたばこの臭い

 

 

掃除でもどうにもならない時もある

結局掃除することで汚れや臭いはある程度解消できますが、

どうにもならない汚れや臭いもあります。

 

これはあきらめましょう、どないしようもなです。

 

ヤニ汚れなどは根が深いものになると

プロでも完全に綺麗にすることはできません。

 

また一部だけ綺麗にするとかえって目立つことになります。

 

「じゃあ高額な退去費用を素直に払わないといけないの??」

 

と不安なあなた、退去費用は払わないといけませんがまだ救いはあります!

 

 

最終奥義伝授します

その救いとは…

 

値段交渉!

 

これあんまり知られてない情報なのか、

あんまり見かけませんが、かなり有効だと思います

 

ダメでもともと、オーナーさんにお願いしてみましょう。

まず事実を認める

あたりまえですが、こっちに非があるなら

素直に認めましょう。

じゃないと交渉できるものもできません。

見積もりをとってもらう

金額がわからないことには交渉の余地がありません。

間違っても交渉前にサインはしないように気を付けて下さいね!

経年劣化部分を武器に交渉

もちろん交渉にも材料が必要。

ここで有効な武器は “経年劣化” です!

要するに自然に古くなった部分も含まれるだろうというやつです。

 

例えば壁外の場合だいたい6年で価値がほぼなくなります。

(あくまで税金計算上のお話です)

 

つまり2年住んでて、僕ら借りてが原因の箇所なら

「1/3は貸主さん、負担してくれませんか…??」

みたいな交渉に持っていきましょう。

 

ちなみに結構感覚な話ですし、

価値のなくなる期間についてはものによって違います。

 

なので

 

住んでた月数 / 72(6年×12ヶ月)

 

くらいの割合を貸主さんに負担をお願いしてみましょう。

 

できるかどうかは貸主さんしだい、

なるべく穏便に、決して強気にはでないようにしましょうね。

 

ちなみに控えめに言ってはいますが、

これあながちすっぽぬけた交渉方法ではなく、

過去に裁判所も似たような基準で判決を下している例もあります

 

 

 

少し今回は長くなってしまいましたね

一人暮らしの退去時、

引っ越し以外に退去費用まで多額になると本当に大変!

不安要素だと思います。

 

少しでもみなさんの退去費用の負担が減ることを願っております!

 

掃除で粗大ゴミが出たら是非とも一緒に知っておいて欲しいこと

⇒粗大ゴミの無料回収は危険-僕がすごく恐いトラブルにあった話



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です