貯金もしたい|手取り15万で一人暮らし可能?〇〇しだいかも

30秒で引越しの見積もりが出せる

引越し料金が最大55%OFF

もちろん無料で利用できる

スポンサードリンク

チャオ、ロンです!(・ω・´)

 

まだ一人暮らしをはじめていない

でも一人暮らしをしたいという人は

たくさんいるんじゃないでしょうか

 

そして一人暮らしをはじめる前の

一番の心配のひとつに

給料の手取りがXX円なんだけど

これで一人暮らしって可能なんだろうか

 

というものがあると思います

 

今回はより具体的に

手取り15万の人を想定して

考えてみようと思います

スポンサードリンク

手取り15万で一人暮らしは可能?

まず先に結論を書くと

手取り15万でも一人暮らしは可能です

 

 

ただしこれはあなたが住んでいる場所に

大きく左右されます

 

 

もっと具体的に言うと家賃の影響が

すごく大きいことは間違いないです

 

生活費を基準に考えてみるといい

手取り15万円で

一人暮らしできるかどうかは

生活費が手取り金額を

超えないかで判断できます

 

つまりもっと簡単に言うと

生活費が15万円を超えないのであれば

いちおう一人暮らしは可能ということです

 

では生活費って具体的にどんなものがあるでしょうか

 

ざっくり必ず必要な生活費をあげるとすると…

●家賃

●水道光熱費

●食費

この3つは必ず必要でしょう

 

水道光熱費は普通に生活していれば

1万円以内に抑えることはできるでしょうし

食費も自炊などをおりまぜれば

3万円以内に収めることは可能です

(頑張れば1万円以内にもできます)

 

ここで問題になってくるのが家賃

 

東京だとどんなに安くても6万円くらいは

やっぱり必要になってきますし

地方だとそこそこの広さでも

3万円以下で探すことが可能になったりします

 

まだ女性だと防犯に気を付ける必要が

男性以上に大きくなるので

やっぱり家賃もちょこっと上がる傾向にあります

 

そのため手取り15万で

一人暮らしできるかどうかは

場所がかなり重要になってきます

 

他にもこんな生活費も

先ほどの生活費はあくまでどんな人でも

最低限かかるであろう生活費

 

通常であればその他にも

●携帯代

●ネット回線代

●交際費

●衣類代

●趣味代

などなど

削れなくはないですが

人によっては削りたくない生活費も

たくさんあるんじゃないでしょうか

 

またすごく倹約家な人でも

社会人になると友だちの結婚式が立て続けにあって

ご祝儀で生活費に食い込むなんてことも

よくある話です

 

家賃や食費だけでとりあえず生きてはいけますが

たぶんそれだけだと

一人暮らしをしても辛いだけです

 

もちろん目標のための貯金も大切ですが

切り詰めるような貯金は

精神的にもかなりきついので

特別な理由がない限りは個人的に

おすすめはしません

 

かと言って際限なく使うのも

それはそれで生活がなりたたくなるので

 

食費・水道光熱費・家賃・携帯代etc…

の固定費を支払ったのち

毎月決めた金額を別で貯金した後

残りのお金を好きに使う

 

みたいな運用が一番賢い方法だと思います

 

まとめ

いろいろとつらつらと書きましたが

最初の結論の通り手取り15万でも生活は可能ですし

かしこくすれば貯金もできるでしょう

 

ひとまずは

水道光熱費を1万円

食費を3万円

家賃その他の固定費を6万円

に抑えることができれば

 

毎月5万円の余裕は生まれるので

3万くらい貯金して2万円を好きに使う

くらいがバランスがいいんじゃないでしょうか

 

目標さえできればそれにあわせて

物件を決めたり、いろいろ対策はできると思うので

ぜひ自分の生活スタイルにあった

方法で考えてみて下さいね♪

 

 

 

とりあえず食費を下げたい人におすすめは…

⇒【食費節約のコツ】●●が安いスーパーは食材が激安って本当?

 

 

一人暮らしできるのはわかったけど初期費用はどれくらいかかるのって人はこちら

⇒【実家脱出】一人暮らしの初期費用や生活の費用ってどれくらい?

 



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です