【一人暮らし風呂掃除】落ちない頑固なカビを一発で落とす最強の方法

30秒で引越しの見積もりが出せる

引越し料金が最大55%OFF

もちろん無料で利用できる

スポンサードリンク

チャオ!ロンです!(・ω・´)

 

みなさんお風呂に入ってるときに

すみっこが黒ずみが気になったことはありませんか?

 

その原因はご存知の通りカビ!

 

せっかく身体を綺麗にしていても

お風呂場にカビがあっただけで

身体が綺麗になった気がしませんよね…

 

そしてカビってゴシゴシ磨いてもなかなか落ちない

かなーりしつこい汚れの一つですよね…

しかもほっとくとますます落ちなくなって…

 

そんなカビ汚れを一瞬で一発で落とす

素敵な道具をご紹介します

スポンサードリンク

カビを落とすおすすめの洗剤

カビを落とすにはやっぱりこれ!

 

kabikiller1

 

カビキラー!

 

これ、おもしろいくらい落ちます!

 

よくある都市伝説に

カビキラーってカビを漂白しているだけで

実は落ちてないんでしょう??

という噂がありますが

 

それは真っ赤な嘘です。

 

ではなぜそんな噂がでたかと言うと

 

正しい使用法で使ってないだけです。

 

カビキラーは正しく使えば

カビをしっかり殺菌死滅させる効果があります。

(と言うかそのための薬品がしっかり入ってます)

 

ではその正しい使い方とは…??

 

 

カビキラーの間違った使い方

ではまずなにがいけないかを解説したいと思います。

 

みなさんの中には

 

「カビキラーを使ったけど

カビが落ちなかった…(・ω・`)」

 

なんて人いらっしゃるんじゃないでしょうか??

 

断言します、

それは使い方が正しくなかっただけです!

 

「え?でもカビキラー吹き付けて

ゴシゴシして水で流したけどダメだったよ!」

 

ですって??

 

実はよかれと思ってしたそのゴシゴシするのがダメなんです!

 

 

カビキラーの正しい使い方

手順①:準備する

以下のものをまず用意します

  • ゴム手袋
  • キッチンペーパー
  • カビキラー

そして必ず換気をしてから取り掛かって下さい!

 

手順②:カビにカビキラーを吹きかける

換気をして手袋をつけたらさっそくカビ撃退です。

 

カビの箇所にしっかりとスプレーしましょう

 

自分の顔より高い位置に吹きかける時は

スポンジなどにつけて塗るようにしましょう

誤って口に入ったりしないように注意して下さいね

 

そしてここで絶対にゴシゴシしない!

 

ここでゴシゴシしてしまうと

薬品が広がってしっかりカビにまで浸透しなくなってしまいます。

 

手順③:乾燥しないようにする

次はカビキラーを乾燥させないようにします。

カビキラーを吹きかけた箇所にキッチンペーパーを被せましょう

(ラップなどでも可能です)

 

手順④:しっかり時間を置く

すぐに流してもカビは死滅できません

ましてや頑固なカビになると奥深くまで浸透しているので、

根元から殺菌する必要があります。

しっかりとるなら2時間以上は放置するようにしましょう

 

手順⑤:洗い流してダメ押しをもう一回

キッチンペーパーをとってシャワーで流せば

驚くほどカビがとれていることでしょう。

 

でもここで安心してはいけません。

 

再度カビキラーを吹きかけて30分ほど放置しましょう

 

手順⑥:洗い流してしっかり乾燥

30分経ったらしっかりシャワーで流して、

あとは換気扇をつけて扉をひらいて乾燥させたら完了!

 

これで落ちないカビはまずありません!

 

 

その他の豆知識

ゴムパッキンなど浸透しにくいところや

スプレーしにくいところには

 

k1680762888

 

ゴムパッキン用カビキラー

なんてものもあります。

 

これゴムパッキンだけじゃなくて、

タイル目など洗いにくいところに

結構使えて便利なので、ぜひこちらも使ってみて下さい

 

以上カビキラーの回し者かと

思われるくらいの猛プッシュですが

ほんとーーーーに気持ちいいくらいにとれます、笑

 

ぜひぜひみなさんもこの感動味わってみて下さいね♪

 



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です