【絶対見るな】お風呂がめんどくさい人が絶対知らない方がいいこと

30秒で引越しの見積もりが出せる

引越し料金が最大55%OFF

もちろん無料で利用できる

スポンサードリンク

チャオ!ロンです!(・ω・´)

 

 

さっそく質問です

 

「お風呂に入るのが死ぬほどめんどくさい」って思ったことありませんか??

 

 

僕はあります

 

もちろんわかってるんです、お風呂に入った方がいいのは

 

汚れを落とした状態でスッキリ気持ちい状態で寝たいですし

 

でも仕事や学校で疲れているとめんどくさいが勝ってしまってついつい朝でいっか…なんてなりますよね

 

一人暮らしだとなおさら…

 

そんなお風呂がめんどくさいに勝てない人は絶対にこの情報見ない方がいいので今すぐ戻ることをおすすめします

 

いいですね

 

はじめますよ

スポンサードリンク

眠りが浅くなる

おっそろしいことに

 

少しでも睡眠時間を長くしたいためにお風呂を我慢して睡眠を優先したのにもかかわらず

 

お風呂に入ってから寝ないと睡眠の質が落ちて結局眠りが浅くなります

 

と言うのにもお風呂に入ると血行がよくなりリラックス効果があります

 

そのためお風呂に入ると身体が「よし今から眠るぞー」という準備をはじめてくれて質のよい睡眠ができるようになります

 

逆に身体が汚れている状態で布団に入ってしまうと無意識のうちに寝床を汚しているというストレスを身体が感じて眠りを邪魔してしまいます

 

 

体臭がきつくなる

体臭の原因のひとつに乳酸があります。

 

乳酸とは一日活動すると身体にたまる疲労でこれがたまると汗に含まれるアンモニア(臭いの原因)が増えるそうです。

 

つまり疲れると人は臭くなります

 

その疲れの原因である乳酸を取り除いてくれるのがお風呂ストレッチ

 

ゆっくり入浴することにより血行の流れがよくなり、身体にたまった乳酸がすごく減少します。

 

体臭って本人は案外気付きませんが周りは結構気になるもの

 

仲がよければそれだけ言いにくいことでもありますよね…

 

知らず知らずのうちにお風呂をめんどくさがることによって大切な友だちが減っていたとか悲しすぎます。

 

 

きれいな髪が痛む、最悪ハゲる

髪が1日に一番成長する時間帯は、夜の10時から翌朝の2時の4時間の間と言われています。

 

その間にすくすく髪の毛が成長できるようにしっかり髪の毛を洗って綺麗にしてあげないと髪の成長を邪魔することになってしまいます。

 

また意外と知られていませんがシャンプーをした後、人間のメカニズムでゆっくりと髪に保護膜ができあがっていきます。

 

これが紫外線など髪へのダメージから守ってくれるのですが、お風呂をめんどくさがると髪が無防備状態

 

紫外線から髪を守らないと痛んだり、男性だと最悪ハゲ促進に繋がることも…

 

女性の髪ってすごい大切ですよね、男性のハゲってめっちゃ深刻な問題ですよね

 

 

疲れやすくなる

お風呂って疲れをとるだけじゃなくて、疲れにくい身体を作るのにも実は貢献しているのです。

 

40℃前後の温度のお湯につかると、人間はHSP(ヒートショックプロテイン)というたんぱく質の体内で作られる数が増加するそうです。

 

このHSPは傷んだ細胞を修復する働きがあり、ストレスを感じるのを抑えたり先ほどお話した体臭の原因になる乳酸の発生を抑える役割があるそうです。

 

つまりお風呂に入らないと、お風呂に入る人と比べて疲れやすくストレスに弱い身体になってしまうのです。

 

 

対策法を考えてみた

お風呂をめんどくさがるとめーっちゃいろいろ大変ですよね。

 

  • 眠れない
  • 体臭が臭くなる
  • ハゲる
  • ストレスを感じやすくなる

 

もう文字を並べるだけで嫌ですね、笑

 

知らなきゃよかったのに知ってしまって、「わぁ…」ってなってませんか

 

そんなお風呂が面倒な人のためにお、風呂に入るモチベーションを上げる方法をいろいろ考えてみました、ぜひ自分に合う方法を試してみて下さいね。

 

ネガティブ要素をモチベーションに

せっかく知ってしまった、お風呂を面倒に思うと陥るマイナス点、せっかくだからいいように利用しましょう。

 

①まずはこのページをブックマーク

②お風呂に入りたくないなーっと思ったらこの記事を読む

③何時までにお風呂に入るぞと目標を決める

④時間になったら入らなくてもいいからお風呂場に行く

 

ここまでやればお風呂がめんどくさいって人でも

 

「よし入ろう!」

 

って自分を奮い立たせれるんじゃないでしょうか

 

お風呂の最初のハードルを死ぬほど下げる

お風呂の面倒さに限らず、人がめんどうと感じる原因はハードルの高さにあります。

 

例えば「毎日1時間勉強するぞ!」なんて考えると、モチベーションが高い時はいいですが、やらなくなると1分もしなくなりますよね、笑

 

でも30秒だけでも勉強すれば自然と1時間くらいは勉強できてしまうって人はいないでしょうか?

 

これは人間の性質上しかたのないことなので、この性質には逆らわずに、うまいこと考えるとこうなります。

 

【お風呂には入らなくていいという前提で】

下着やバスタオルなどの用意だけとりあえずしてみる

それすらめんどくさいならお風呂場までタッチして戻る

それも面倒ならとりあえず立ち上がってみる

 

お風呂に入らなくてもいいので、自分にできる一番簡単なお風呂に入る前の行動をとってみるということです。動き出すと意外と最後まで行動できたりすることも結構ないですか?

 

実は一番面倒なのは最初の行動なので、その最初の行動のめんどくさいハードルを極限までぜひ下げて試してみて下さい。

 

時限式にして面倒に打ち勝つ

 

 

もしあなたが今スマホでこのサイトをご覧になっている、もしくは近くにあるのなら、お風呂に入りたい時間帯にアラームをセットしましょう。

 

お風呂に入るのがめんどうなのもありますが、だらだらしていて期を逃すってのもよくあるんじゃないでしょうか。なので自分でお風呂に入るきっかけを作って面倒に打ち勝つのもおすすめ。

 

きっかけなんて大げさな言い方ですがアラームをセットする程度でも全然効果があります。とりあえずアラームをセットしてアラームがなるまでだらけてもOK。

 

そのかわりアラームがなったらお風呂に入りましょう。もしそれもハードルが高いならさっきのハードルを下げる方法と組み合わせてとりあえず立ち上がる、なんてのにするのもいいかもしれませんね。



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です