【実家脱出大作戦】具体的に一ヶ月分の生活費を稼ぐバイト例を考えてみた

30秒で引越しの見積もりが出せる

引越し料金が最大55%OFF

もちろん無料で利用できる

スポンサードリンク

チャオ!ロンです!(・ω・´)

 

前回に引き続き、今回は

一人暮らしするために必要な生活費をまかなうには

具体的にどれくらい働けばいいかを考えてみました。

 

<前回の記事>

⇒【実家脱出大作戦】1ヵ月分生活費はどれくらい働けば稼げる??

スポンサードリンク

前回のおさらいなど

✅ だいたい月々の生活費に必要な金額は13万円ほど

✅ 手取りで13万円稼ぐためには時給800円なら22日8時間労働必要

✅ 時給1,500円なら22日働いても4~5時間程度

 

 

具体例について考えていくと…

具体的に…

  • フルタイムで働ける人
  • 夕方のみ働ける人
  • 土日のみ働ける人

のよくある一人暮らしの3パターンの形態別に13万円稼ぐ方法を考えてみました!

 

フルタイムで働ける人

主にフリーターなどを想定した場合です。

この場合だと最低賃金の平均でいくと22日間8時間以上勤務すると

だいたい手取りで13万円ほど稼げる計算になります。

 

なのでフルタイムで働ける人は一人暮らしをする際に、

自由に使えるお金と時間のバランスを考えて仕事が選択可能です。

 

お金時間共にリッチに生活したいのなら

時給の高いバイトをするか、労働時間を延ばせばいいですし、

低賃金であっても自分の好きな仕事がしたい、

ということをしても特に生活に困ることはほぼないでしょう。

 

ある意味で一番実家から脱出できる環境とも言えます。

 

 

夕方のみ働ける人

夕方のみ働ける場合、主に学生などが考えられますが、

仕送りなどを考えないで生活するとなるとかなりタイトな仕事になると思います。

 

まず昼間の時間以外に生み出せる時間(学生を想定しています)は、

19時~24時の5時間、そのうち労働可能時間はほぼ4時間ほどでしょう。

週に2日はしっかり休みたい、ということであれば時給は最低でも1,500円は欲しいところですね。

 

時給1,500円となってくると選べるお仕事もかなり狭まってくるのではないでしょうか、

(夜間手当など考えると多少少なくなってもいいかもしれませんが、

それでも1,400円は欲しいところですね。)

 

土日のみ働ける人

土日のみ働ける場合、これは学生でかつ夕方はサークル活動などで忙しい場合などが考えられます。

先に結論を述べると、仕送りでもないと、限りなく一人暮らしは不可能に近いです。

 

土日両方8時間勤務したとした場合、月々64時間ほど働けますが、

これで手取り13万円を目指す場合、時給としてはだいたい2,200円ほど

 

そういったバイトがないこともないとは思いますが、

かなり現実的ではないと思います。

 

時給1,500円以上でかつ残業をちょっとすれば、

手取りで10万円くらいなら可能でなくもないですが、

やはり一人暮らしではもしもの時にちょっと不安の残る金額だと思います。

 

どうしてもこの状態で一人暮らししたいと言うのならば、

平日の夕方1日だけでも働ける時間を作るか、

一人暮らし前に多めに貯金したり、

夏休みなどの長期休暇を活用して

シーズンごとにしっかり稼ぐくらいしか方法はないと思います。

 

ただ上記の方法を活用したとしても、

かなり時給が高めでないと苦しいと思います。

 

 

 

ロンはどうだったの??

僕ははじめて一人暮らしをしたときはフルタイム型でした。

 

ただ学費も自分で稼いでいたので、

結構フルタイムでも高時給で働いていました!

 

また自分のしたい仕事に対して、

スキルアップになるような仕事をチョイスしていたので、

のちのち就職に有利になったなーと思います。

 

このように使える時間は人それぞれだと思うので、

自分のライフサイクルをもう一度見直して、

無理なく実家を脱出していただければと思います!



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です