はじめてでも超簡単にピカピカにできるスニーカーの洗い方

30秒で引越しの見積もりが出せる

引越し料金が最大55%OFF

もちろん無料で利用できる

スポンサードリンク

チャオ!ロンです(・ω・´)

 

人から好かれる人の絶対条件に“清潔感”というものがあります

 

みんないろいろと

清潔感を出すために

身だしなみを整えたりするのですが

 

意外と忘れがちなのがあしもと

 

どんなけ身だしなみを整えていても

靴がぼろぼろだったり

ちょっと臭いがしたいりするとせっかく

ピシッとしても

すべてが台無しになることも…

 

そこで今日は

スニーカーをなるべく手軽に

しかも簡単な洗い方をご紹介したいと思います

スポンサードリンク

用意するもの

まず道具ですが以下のものを用意しましょう

 

●スニーカーが入るサイズのバケツ(洗面器でもOK)

●靴ブラシ(歯ブラシでもOK)

●重曹

●タオル(スニーカー用にするといいです)

●針金ハンガー

 

 

準備

・スニーカーの紐と中敷きをはずします

・スニーカーに大きな泥や土などがついている場合はあらかじめこの段階で払っておきます

・針金ハンガーを

hanga1

 

この状態から

hanga2

 

この状態に加工します

(絵心まるでなし、笑)

 

 

浸け置き放置

1.バケツにぬるま湯をため、重曹を入れて溶かします

2.スニーカーと靴紐をバケツの中に入れて1~2時間放置します

 

洗い方のポイントとしては

先にしっかり重曹をぬるま湯に溶かすことと

しっかりと付け置きをすること

 

これだけでかなり臭いが落ちて

汚れも落ちやすくなります

 

 

ブラッシング

汚れているところや

黄ばんでいるところを重点的にブラッシング

 

重曹に2時間ほど浸け込めば

だいたいの汚れは気持ちいいくらい落ちます

 

ここでの洗い方のポイントは

基本的にブラッシングは

落ちにくい汚れにだけすること

(ゴシゴシする必要は基本的にありません)

としつこいスニーカーの汚れは

歯磨き粉で磨くとよいでしょう

(研磨剤などが入ってるので白くキレイになります)

 

 

すすぐ

ぬるま湯を入れ替えながら

スニーカーと靴紐を

最低でも2回はすすぎましょう

 

 

乾かす

スニーカーをしっかりすすぎ終わったら

タオルで取れるだけの水分をとってあげたら

針金ハンガーにひっかけて

通気性のよいところで干してあげましょう

 

ここでも洗い方のポイントは

ものによっては直射日光にあてると

色落ちしてしまうものがあるので

日かげ干しが無難です

 

またすばやく乾燥させるために

洗濯機を使う場合はかならず

タオルにくるんだ状態で

洗濯用ネットを使うようにしましょう

 

でないとスニーカーがすぐにボロボロになります

 

 

最後に

今回はスニーカーを洗うのがはじめての人のために

なるべくシンプルな方法をご紹介しました

 

ただシンプルと言っても

この方法が一番スニーカーをキレイにできるし

あまり傷めないでできる方法なので

ぜひこの方法であなたもスニーカーを

洗ってみて下さいね♪

 

 

ちなみにスニーカーにもある洗濯マーク、ちゃんと意味しってますか??

⇒【洗濯のやり方】一瞬で洗濯できない物がわかる初心者用テクニック



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です