3分でわかる-セブンイレブンで印鑑証明の発行方法と事前準備

30秒で引越しの見積もりが出せる

引越し料金が最大55%OFF

もちろん無料で利用できる

スポンサードリンク

この記事は

「セブンイレブンで印鑑証明を発行する方法が知りたい」

「印鑑証明をとる前に必要な準備を知りたい」

「セブンイレブンの場合、なにが必要か知りたい」

「時間はいつでも取れるのか知りたい」

という人に向けて記事を作成しています。

 

こんにちは、ロンです。

 

昔は役所でしか取れなかった印鑑証明ですが、今はコンビニで祝日、休日、しかも夜でも取れる時代になったんですね。

平日働く僕としてはすっごいありがたいなーと常々感じます。

 

そこで今日はセブンイレブンで印鑑証明を発行する場合に必要なものと準備、手順についてまとめてみました。ぜひあなたのお役に立てて下さいね。

スポンサードリンク

必要なものと事前準備

セブンイレブンで印鑑証明を取得するには、次のものの用意が必要です。

必要なもの

  • マイナンバーカード(又は住民基本台帳カードでもOK)
  • お金(だいたい300円くらい、自治体により多少差額あり

この2点が必要になります。

余談ですが、支払いはnanacoでも可能みたいです、さすがセブンイレブン。

 

事前準備

  • 役所で印鑑登録
  • マイナンバーカード(住基カード)のパスワード登録

も必要になるので、まだ印鑑登録やパスワードの手続きが完了していない人は残念ながら利用できません。(どちらもお住まいの役所で手続きすることができます)

 

印鑑証明が発行可能な時間帯

  • 午前6時半~午後11時(※ただし市区町村によっては一部異なる)

あと基本的に(12月29日~1月3日の間は発行できないみたいなので、その点も注意してください。

 

その他の注意点

市区町村で発行される印鑑証明とは様式(見た目)が違っていることがあります。

でも証明書としての効果は一緒なので気にしなくてOKです、念のために。

 

 

セブンイレブンでの印鑑証明の取得手順

セブンイレブンでは、次の手順でさくっと印鑑証明が取得できます。

  1. センイレブンのコピー機(マルチコピー機を探す)
  2. タッチパネルの[行政サービスをタッチ
  3. [証明書交付サービス]をタッチ
  4. 証明書交付サービスご利用上の同意事項を確認して[次へ]をタッチ
  5. 全て読んで問題なければ[同意する]をタッチ
  6. マイナンバーカード(住基カード)をカードリーダーに置く(上下裏表は特になし)
  7. [お住まいの市区町村の証明書]をタッチして、[確定する]をタッチ
  8. 暗証番号を入力
  9. マイナンバーカード(住基カード)を取り外す
  10. [印鑑登録証明書]をタッチ
  11. 発行部数を入力し[確定する]をタッチ
  12. 確認画面がでるので、内容と金額に間違いかないかチェックし[確定する]をタッチ
  13. お金を入れて[プリントスタート]をタッチ

 

めっちゃ細かく書いてますが、ほぼ流れ作業なので、画面の指示通りにすすめれば簡単に終わります。(必要なものさえそろっていれば1分くらいかな)

 

 

利用した感想

自分の分をとってみた感想は一言、めっちゃ簡単。

 

マイナンバーカードってどうなんだろうって思ってましたが、平日昼間働いている僕としては、印鑑証明がセブンイレブンで取れるのは本当に便利で助かります。

 

もちろん事前の印鑑登録やパスワード設定は必要ですが、急に必要になった時に便利ですし、待たされることもなくてストレスなくていいと思いました。

 

平日忙しくて、住民票や印鑑証明を発行することがよくある人(まあそんなにいないと思いますが…)は、マイナンバーカードのパスワードはぜひ登録しておくことをおすすめします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です