はじめての一人暮らし、生活費の平均ってどれくらい??

30秒で引越しの見積もりが出せる

引越し料金が最大55%OFF

もちろん無料で利用できる

スポンサードリンク

こんにちは、ロンです!(・ω・´)

 

はじめての一人暮らしってわくわくしますよね!

 

友達を呼んだり、

インテリアにこだわってみたり、

あと親からやっと解放される…

なんて人もいたりするんでしょうか??笑

 

さてそんなわくわくな一人暮らしですが、やっぱり気になるのは生活費の問題!

そこで今回はそんな大学生の一人暮らしの生活費にをテーマに調査してみました!

スポンサードリンク

みんなどれくらい生活費を使っているの?

437c5d06bf4b15314fb0d8e69f1c7b81_s

さてさっそくなんですが、

大学生のみんなってどれくらい生活費を使っているんでしょうか??

そしてその質問に対する回答材料に奨学金を貸してくれる

「学生支援機構」が発行している「学生生活調査」を基に調べてみました。

そちらによると昼間部の大学生の年間平均生活費は1,095,000円のようです、

この金額には学費、通学費などは含まれておらず純粋な生活費だけの数値です。

ひと月あたりに直すと91,250円!

また東京や大阪などの都市部と地方でもやっぱり平均は変わるようで、

だいたいこの数値にひと月あたり±2万円程度の変動があるようです。

一方で大学が私立か公立か国立かの違いはあまりなく、

国立がちょっとだけ生活費は高めになっていましたが、

1ヵ月平均10万円前後というのが一般的な感覚のようです。

 

 

その内訳ってどうなっているの?

3ed201e61f3cc0c743bb444fae1a7418_s

さてさて、全体の金額がわかったのはいいのですが気になるのは内訳ですよね。

そちらも学生生活調査にざっくりと載っていたので表にしてみました。

1ヵ月あたりの支出 1ヵ月の支出割合
食費 21,691円 23.77%
家賃・水光熱費 39,275円 43.04%
保険衛生費 3,725円 4.08%
趣味のお金 12,183円 13.35%
その他 14,375円 15.75%

うむむ(・ω・´)

こうやって見るとリアルさがでてきますね!

 

 

生活費についてひとつずつ見ていこう

607f34f304b7f0131178b373f8aeb6d4_s

ではそれぞれの生活費についてひとつずつ見ていきましょう!

 

食費

食費はひと月平均21,691円!

これ、1日に直すと723円!

ではさっそく各項目をひとつひとつを解説していきます!

1日3食食べるならな、なんと1食241円!

これはコストパの高い料理を覚える必要がありそうですね!

 

家賃・水光熱費

家賃はひと月平均39,275円!

よく「家賃は給料の1/3まで!」なんてことを聞きますが、

家賃の割合が平均でいくと全体の43%!

それでも4万円切っちゃうわけですから

東京や大阪で部屋を借りると考えるととっても大変そうですね…

住むところの工夫が大学生活を左右すると言っても過言ではなさそうですね!

⇒マジで?!一人暮らしの部屋代を削減する究極の5つの方法!

 

趣味のお金

趣味のお金はひと月平均12,183円!

これって大学生にとっては死活問題ですよね。

大学で友だちとご飯に行ったり、遊びにいったり、はたまたサークル活動に

参加して旅行に行ったり、おしゃれにいろいろ挑戦したい!

そんなわくわくに絶対お金は必要になってくるのですが…

今から低コストでも楽しめるスポットを探していきたいところですね!

 

保険衛生費・その他

保険衛生費とその他はそれぞれひと月3,725円と14,375円!

日々生活するうえでの消耗品などの予算はだいたい3,000円ほど、

その他は14,000円ほどになっているみたいですね、

その他はもしもの時のための貯金などがしめているようです。

 

 

まとめ

4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_s

「んで、結局どうすりゃいいのさ!(・ω・`)」

なんて読者さんのためにお伝えしたいこととしては

あくまで平均なんてのは平均なので、

あなたのライフスタイルに合わせて変えればいいんじゃないかと

「でも!生活費をなんとかして、楽しいキャンパスライフを送りたいよ!!(・ω・´)」

って人はひとつの基準として、上の数値に照らし合わせて

あまりにも出費が基準からかけ離れてかかるようなら、

そこまらまず見直せば他に使いたいと思うところに資金をまわせるヒントがあるのかも?!

今あなたの生活にお金が足りていないのは収入が原因なのか、出費が原因なのか

ぜひぜひ一度考えるためのひとつの指標にしてもらえればと思います!



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です