手取り16万の一人暮らし-家賃や費用、貯金の適正金額教えます

30秒で引越しの見積もりが出せる

引越し料金が最大55%OFF

もちろん無料で利用できる

スポンサードリンク

チャオ!ロンです(・ω・´)

 

一人暮らしをいざ始める時にどうしても気になるのがこの手取りでどれくらい費用使っても大丈夫か?ということ

 

そこで今回は手取り16万であればだいたい家賃などの費用や貯金はこれくらいすればいいよという目安を、経験に基づいて解説してみました。

スポンサードリンク

手取り16万でそもそも一人暮らしは可能?

ボーナスなしの本当に手取り16万で一人暮らしは可能か?

 

結論を言うと可能です。というか実際に僕は、毎月の出費が8~10万くらいで生活をしていました。(大阪市内で生活していました。)

 

そこでなんの費用にお金を使っていたか、当時の家計簿を見ながらお伝えしたいと思います。

 

一人暮らしに必要な費用って?

僕が使ってた一人暮らしの費用

僕が主に使っている一人暮らしの費用はこんな感じ

 

  • 家賃
  • 食費
  • 光熱費
  • 日用品代
  • 携帯代
  • ネット代
  • 貯金
  • お小遣い

 

 

そしてここで当時の生活で絶対必要だと感じていたのが、家賃、食費、光熱費、日用品代、(僕の場合はあと携帯代とネット代も)これだけはないと生活が成り立たなかったです。

 

逆に言えばここさえクリアできれば、多少不便であっても生活はなんとかなると思います。

 

費用の内訳をざっくりと

僕の費用の内訳をざっくり伝えるとこんな感じ

 

家賃 40,000円
食費 20,000円
光熱費 7,000円
日用品代 3,000円
携帯代 5,000円
ネット代 5,000円
合計 80,000円

 

平均するとこれくらいで、これに+-15,000円ほどの誤差がでます。

 

一人暮らし経験のある人なら「食費少なっ!」って思うかもしれませんが、自炊でしかも安い食材を中心に料理をしていたので、少ないと1万円をきることもありました。普通の人だと3万円くらいが妥当なのかな?

 

じゃあ自炊して節約!というのも実は難しくて、効率よく自炊しないと食費は反対に上がることも多いです。

 

どうしても食費を節約したいなら最初はタイムセールの弁当などを狙うのが一番手っ取り早くて効果的です。

 

 

手取り16万の家賃や費用ってどれくらいが適正?

家賃は上限8万円、なるべく安く

まず前提として、手取り16万だと、と言うよりも手取りが20万円を超えるまでは、一人暮らしならなるべく安い家賃を目指した方がいいです。

 

またこれは僕個人の感想ですが、家賃が8万円を超えないと一人暮らしできないような物件しかない場合は、一人暮らしはやめておいた方が無難です。

 

と言うのも家賃は必ず毎月かかる費用な上に、削ることが基本的にできません。生活費として最低8万円は欲しい(後述)ので、手取り16万だと家賃は8万円がデッドラインになります。

 

もちろん家賃は安ければ安いほど生活は楽になるので、手取り16万なら理想は4万円台以下、通常であれば5~6万円、できれば東京都内でも7万円以下で探したいところですね。

 

ちなみに東京の家賃が安い地域を知りたい人はこれが役にたつかも

⇒東京で一人暮らし-家賃の相場が安い地域と部屋探しのコツ

 

食費は3万円以内が理想的

手取り16万で家賃に8万円使ったと仮定すると、食費は3万円以内に収めたいところですね。

 

1日3食、30日食べると仮定すると1色あたりにかけれるコストは333円、1日2食の人なら500円といったところですね。

 

自炊が上手な人は1食200円以下で、お腹いっぱい食べれる料理を作れたりもするので、クリアもさほど難しくないですが、自炊しない派になると、タイムセールを狙ったりなど、工夫しないとなかなかクリアは難しい金額です。

 

ただし他の費用を節約したり、手取りが16万より上がるなら食費の配分を増やすことももちろん可能ですなのであきらめる必要はないですよ。

 

光熱費は1万以内

さほど難しくはないですが手取り16万ならば、電気・水道・ガス代は合計1万円以内を目指しましょう。

 

過度にエアコンなどを使ったり、古い家電を使っていなければさほど苦もなく1万円以内はクリアできるでしょう。

 

よく光熱費の節約を見ますが、労力の割に微々たるものであることが多いので、使い過ぎの場合は控えるくらいが一番いい光熱費の節約方法と思います。

 

ただしガス代だけに関してはプロパンガスに要注意です、詳しくはこちら

⇒一人暮らし部屋探し|家賃もだけどあれも気にしておけばよかった…

 

 

日用品代は3,000円以内に

手取り16万円であれば日用品代は3,000円以内に収めましょう。

 

日用品と言えばシャンプーや洗剤、ティッシュ、タオルが主なものです、特にこだわりがなければ月々2,000円くらいでも全然いけると思います。

 

あえてコツをあげるなら、定期的に薬局は除いて、特売日に多めに買うと多少節約できます。(そこまで変わりませんが…)

 

僕は部屋の場所がとられるのが嫌なので、無くなる直前に都度買うようにしてました。

 

 

貯金は最低2万円はしたい

手取り16万に限らず、一人暮らしを始めると思わぬ出費が重なることって多々あります。

 

なので最低でも月2万円くらいの貯金は心がけたいものですが、もちろん多ければ多いほど言うことはありません。

 

友達の結婚式なんかがあったり、一人暮らしだと自転車や家の物が壊れて修理が必要になったりと緊急な費用が重なることもあるので、くれぐれも貯金0円で頑張る、なんてことは避けた方がいいでしょう。

 

残り1万7千円は自由に使うべし

これまでに必要な費用をすべて足すと143,000円、つまり手取り16万だと1万7千円くらい余ります。

 

一人暮らしをはじめると、最低でも1万円くらいは余裕を見ておかないと、思ったより食費や光熱費がかかった場合などに困り、生活が安定しなくなります。

 

もちろんここから人によっては携帯代や洋服代なども必要ですし、食費や貯金に更に振り分ける必要もあると思います。

 

ただなるべく少しは余らせて自分で自由に使えるお小遣い要素を作っておいた方がより一人暮らしを楽しむ秘訣かな、と個人的には思います。

 

 

まとめ

手取り16万の人のための適正な家賃、費用、貯金、いかがだったでしょうか。

 

まとめると

家賃 8万以内
食費 3万以内
光熱費 1万以内
日用品 3千円以内
貯金 2万円以上

という感じが最低ラインでしょうか、この表からもよくわかるように、手取り16万の一人暮らしには、家賃が非常に重要な要素になります。

 

もちろん安ければどんな物件でもいいというものでもないと思いますが、物件探しは丁寧にじっくりと行うことをすごくおすすめします。

 

もしよければこちらなんかも参考にしてみて下さいね。

⇒【実家脱出】一人暮らしの初期費用や生活の費用ってどれくらい?

 

⇒ちょwwww家賃の値下げ交渉した結果wwww

 

⇒【一人暮らし最強節約術】節約するなら最初は絶対に●●から始めるべき



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です