レンタカーで引越しは本当に安い?ー引越し業者と比較してみた

30秒で引越しの見積もりが出せる

引越し料金が最大55%OFF

もちろん無料で利用できる

スポンサードリンク

この記事は

「レンタカーで引越しはお得?」

「どれくらいお金がかかるの?」

「メリットとデメリットは?」

という人に向けて記事を作成しています。

 

こんにちは、ロンです。

 

「レンタカーを利用した引越しは安い」と、一人暮らしを始める前の僕はずっと思っており、実際に業者を使うより安く引越しできたこともあります。

 

しかし実際に引越し業者を利用してみると、自分で引越しするより安くなったり、便利なケースもあったりました。

 

そこで今回は、レンタカーで引越しをするのは本当に安いのか、メリットやデメリットはどうなのかを引越し業者を利用した場合と比較しながら解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

レンタカーの引越しは安いのか

結論から書きます、「レンタカーの引越しは、引越し業者を利用するより安くなることが多い」です。

 

ここで大事なのは、「安くなる」じゃなくて、「安くなることが多い」という点です。

 

まずレンタカーで引越しについていろいろ解説していきますね。

 

 

レンタカーで引越しのお金と労力

レンタカーでの引越しを考える場合、まずお金はどれくらいかかるのか、引越し業者と比べて自分でしないといけない作業がどれくらい増えるのかを考える必要があります。

 

今回は1DKくらいの部屋に一人暮らしで、同じ都道府県内で引越しをした場合でレンタカーの引越しをちょっと考えてみましょう。

 

ちなみに一人暮らしの1DKで、忙しくない時期の引越しだと、業者に交渉なしで40,000~60,000円くらいが相場です。

 

必要なお金

まずレンタカーを使って引越しをする場合、レンタカー代、ガソリン代、ダンボールなどの資材代、謝礼が主に必要なお金になります。

 

レンタカー代

トラックのサイズや借りる時間にもよりますが、だいたい6,000~24,000円+保険代くらいで借りることができます。

 

一人暮らしの1DKで同じ都道府県だと、2トントラックのロングを24時間借りると安心して引越しできるでしょう。

 

その場合、だいたい消費税と保険込みで18,000円くらいで借りることができます。

 

ガソリン代

トラックは燃費が悪いことが多いですが、軽油なので1リットルあたりの単価は普通の車より安いです。

 

軽油が1リットル100円、1リットルで5㎞走り、だいたい100㎞くらい移動すると考えるとガソリン代は2,000円くらいですね。

 

資材代

意外と高いのがダンボールとガムテープの代金、だいたい1DKの一人暮らしだと、ダンボールが20~30個くらいあれば足りないということはまずないと思います。(かしこく使えば10個くらいで収まることも)

 

あとビニール袋や布団を入れる袋、トラックから運ぶものを落ちないようにするための紐なども必要な時があります。

 

Amazonで一番引越しでよく使う120サイズのダンボールを買うとだいたい10枚で2,000円くらいが相場、仮に25枚にガムテープ、布団圧縮袋をつけるのであれば7,000円くらいで買える計算ですね。

 

謝礼

もしあなたが引越しを考えていて、友だちに手伝ってもらう場合、重労働な上に拘束時間も長いのでお礼にお金を渡したり、ご飯をおごることもあるでしょう。

 

これは本当に人によりけりで相場がないので、これといった金額は言えないですが、飲み物代なども考えて今回は10,000円で計算してみましょう。

 

必要なお金まとめ

レンタカーを借りて引越しする場合に必要なお金を表にまとめるとこんな感じ

レンタカー 18,000円
ガソリン 2,000円
資材 7,000円
謝礼 10,000円
合計 37,000円

 

業者を使った場合の相場が40,000~60,000円なので、業者を利用するより安くなる可能性が高そうですね。

 

ただし金額差がそこまでないので、トラックを止める駐車場代とかがかかるケースなども考えると簡単にひっくりかえる可能性もありそうですね。(都会だと駐車場代がすっごく高いですし)

 

必要な引越し作業

レンタカーで引越しをする場合、あたりまえですが引越し業者を利用するときと比べて、必要な作業は増えます。

 

具体的にあげると…

  • 荷物のダンボール積め(業者を使っても必要なことも)
  • 冷蔵庫や洗濯機の運び出し
  • 運転
  • 荷物の積み下ろし
  • 時間の管理

 

引越しは基本的に超肉体労働。特に冷蔵庫などの大型家電を運ぶのは、重いしケガをする可能性なども考えるとすごく大変です。また最初は元気いっぱい荷物を運べても、後半筋肉がぷるぷるいってきます。

 

またレンタカーの返却時間のことを考えた時間の管理や、トラックを駐車する場所を考える必要などもでてきます。そのため事前に引越し場所の駐車スペースや経路を確認したりなどの準備も必要になります。

 

なのでレンタカーの引越しは次の日はへとへとでゆっくり休みたいとなることが多いので、休日の前日に作業することがおすすめです。

 

反対に引越し業者の検討や見積もりの立ち合いなどが必要ないので、慣れている人だと事前の準備は業者を使うより少ないこともありますね。

 

 

レンタカー引越しのメリット・デメリット

レンタカーを使った引越しの検討をしてきましたが、長くなってしまったのでわかりやすくメリットとデメリットをまとめてみました。

 

メリット

  • 荷物の量によっては最安値になることがある
  • 自分たちのペースで引越しできる
  • 事前の見積もり立ち合いなどが必要ない
  • 引越しの繁忙期などの影響をほぼ受けない

 

デメリット

  • すごい重労働
  • 故障や破損の保証がない

 

 

レンタカーの引越し最安値を目指すなら

もしレンタカーで引越し最安値を目指すなら、次を節約することで、更に安く引越しをすることができます。

 

親や友人から車を借りる

もはやレンタカーと言っていいのかわかりませんが、笑

 

親や友人が車を出してくれるような人で、しかも荷物を運ぶのに適している車(軽トラとかハイエースとか)に乗っている人なら手伝ってもらうとレンタカー代をうかすことができますよね。

 

ダンボールを無料でもらう

スーパーやドラッグストアは大量のダンボールを毎日処分しているので、受付で頼むと無料でダンボールをもらえることがあります。

 

個人的には丈夫できれいなダンボールをもらえる可能性が高いので、ドラッグストアで頼むのがおすすめです。

 

謝礼を労働力で払う

個人的に引越しを手伝ってもらって何もしないのは気がひけるのですが、例えば「お互いに引越しを手伝うということで謝礼なしで手伝う」ということをしたことがあります。

 

こういったお金以外の理由で手伝ってもらうってのも、ある意味お金をかけずに引越しできることができますね。

 

極限までお金を削ったら

かなり恵まれた環境で、重労働でも頑張れる人ならという前提ではありますが、レンタカーで極限までお金を削ったら、理論上はガソリン代だけで引越しは可能です。

 

学生時代の話ですが、僕もトラックとダンボールを実家が工場をしている友人からひっぱってきてもらって、大目に謝礼を払ったってことがあり、その時はトータルで20,000円くらいで引越しができたことがあります。(ちゃんと計算してないからだいたいですが)

 

 

レンタカーで引越しはおすすめ?

さんざんレンタカーの引越しを解説しておいてなんですが、引越し業者の方が断然おすすめです。

 

理由は…

  • そこまで金額が節約にならない
  • その割にやらないといけないことがきつい

 

もしレンタカーを使って引越しすることで、安く引越ししたいと思っているなら、その努力を引越し業者の値段を安くすることに注いだ方が断然賢いです。

 

というか、その方がレンタカーを借りて自分で引越しするより料金が安くなることがあるくらいです。

 

 

 

業者の引越し料金を安くするコツ

とは言っても、引越し業者を利用したことがない人は、どうやればいいかわからないですよね。

 

引越し業者を利用するなら、必ず無料一括見積もりサービスを利用するのがおすすめです。

 

無料一括見積もりとは、複数の業者にだいたいの引越しの金額を出してもらえるサービスで、無料で利用することができます。

 

複数の引越し業者から見積もりをとってもらった後は、料金を含めて自分の気に入った条件の業者に絞って、自宅での本当の見積もりをしてもらえば、それだけでもかなり引越し料金を抑えることができます。

 

ちなみにおすすめの無料の一括見積もりのサービスは引越し価格ガイドSUUMOです。

 

とりあえず無料一括見積もりを利用してみたい人は、サービス名をクリックして、郵便番号と住所を入れて見積もりを開始しましょう。

 

⇒引越し価格ガイド

⇒「引越し価格ガイド」の特徴と使い方はこちら

 

⇒SUUMO

 

 

更に引越しを繰り返して気付いたコツは

 

  • 引越しが決まったらすぐに見積もりを出す
  • 絞った業者にも更に交渉

 

をすると、繁忙期の土日などでなければ、更に安くなることがほとんどです。

 

ギリギリに見積もりを出すと選択肢が少なくなり、更に交渉する時間もありません。(そもそも交渉にのってもらえないこともあります)

 

また引越し業者との値段交渉は、恥ずかしがらずに自分の希望を伝えるのが大事です。経験談ですがちゃんと伝えればほとんどの確率で安くなりますね。

 

交渉する時のおすすめの方法は、「XXX円くらいでお願いしたい」など、具体的な金額を伝えるとスムーズにすすむことが多いです。

 

 

レンタカーか業者で悩む人は

「大変でもとにかく安くしたい」って人や、「繁忙期だからレンタカーを借りた方がいいのかな?」なんて理由で、レンタカーか引越し業者かで悩む人も中にはいますよね。

 

そういう人はとりあえず見積もりだけして、レンタカーでかかるであろうお金と比較するのが一番賢くておすすめです。

 

引越し価格ガイドをクリックしてまず見積もりをとる

 

SUUMOをクリックしてまず見積もりをとる

 

まとめ

レンタカーでの引越しについて、引越し業者と比較する形でまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

個人的な意見ではありますが、レンタカーで引越しをおすすめする人がいるとすれば

  • トラックなどを無料で借りれるなどの環境がある
  • 引越しそのものをイベント的に楽しめる
  • 繁忙期などで業者が利用できない、高すぎる
  • 実家からの引越しなどで極端に荷物が少ない

 

なんて人は、業者じゃなくてレンタカーの方がいいかもしれませんね。

 

逆に次のような人はレンタカーはやめておきましょう

  • 女性や力仕事が苦手
  • 安全に引越ししたい
  • 車を運転できない

 

なんにしろ、「レンタカーでの引越し=安い」ってわけじゃないってのが、今回一番伝えたかったことです。

 

ぜひ賢く、そしてお得に引越しをしてみて下さいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

こんなことも考えてみました。

⇒宅急便だけで引越しは可能?-メリットとデメリットまとめ



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です